So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

お知らせ [お知らせ]

タイトル:「山形温泉・そば・牛…」
紹介文:「2004年4月~山形での一人暮らしの記録」
について、更新を終了しました。


追記: その後の更新について (2007年現在)
2005年~2006年 http://zao.sblo.jp/
2006年~2007年 http://berlin.sblo.jp/
2007年~ http://photomo.blog.so-net.ne.jp/


鳥海山の紅葉 [散歩・山歩き・旅]

 酒田での仕事の後に「初」鳥海山ドライブしました。朝晩は寒いですが、昼間は結構、暖かく、特にこの日は、11月とは思えないぐらいポカポカでした。吹浦の十六羅漢岩を見て、らかん亭で磯物定食を食べ、その後、牛渡り川、鳥海ブルーラインへ。
 鳥海山の紅葉は、下の方は、まだまだ緑が多く、これから、といった感じでしたが、中腹はちょうど見頃で、道の両側が見事に紅葉していて、まるで別世界! 上の方は、既に終わっていましたが、雪のかかったばかりの鳥海山がとてもきれい、反対側は、すぐ近くに雲があって、その下は日本海が広がる。心身ともにリフレッシュ! ありがとうございました。
 この日の写真http://zao.sblo.jp/article/43857.html


山形・県内旅行 [イベント]

 以前から約束していた妹夫婦&甥の勇人君と山形旅行へ。私は運転手(行き)&ガイドとして参加しつつ楽しみました。
 今回は、一歳半の甥の勇人君がいるので、移動距離の少ない「のんびりプラン」。実は、妹の旦那様が、この日の休みを取るために、前日、徹夜でお仕事、朝帰り(本当にお疲れ様でした)…自宅待機組も、のんびり準備していたので、10時半すぎ、遅めの出発。
 羽生で少し休み、矢板で遅めの昼食、白石からエコーライン経由で山形に向かいましたが、連休の初日とあって、高速手前、東北自動車道ともに車が多く、時間がかかってしまいました。本当は、午後、明るい時間に、眺めの良いエコーラインを通りたかったのですが、途中、面白そうな卵専門店(たまご舎・エコーライン入り口付近)に寄り道したこともあり、エコーラインに入る頃には、暗くなり始め、お釜付近に着いた頃には、完全に日が落ちていました。「でも、せっかくだから…」と、お釜に。かなり寒かったので、薄着の勇人君に車のソファータオルなどありとあらゆる物をくるんで(笑)、ちょっとだけ見ました。駐車場は数人いましたが、さすがにお釜を見ている人は誰もいませんでした。きっと、あと1時間もいれば、星がきれいなのだろうなぁ? でも、寒くて、とても、そこまで待つだけのエネルギーは残っておらず、早々にお釜を後にして、宿(蔵王)に向かいました。(私は「新左衛門の湯」に寄って帰宅)
 (2日目)
 朝、朝刊を開くと蒸気機関車のカラー写真(山形版)…そういえば、甥の勇人君は、電車や車、バスが大好き、車の中でひたすら連呼していたなぁ…よく見ると、この3日間、山形⇔左沢往復とあるではないか! 急遽、出発時間を早めて、午前中は、蒸気機関車の追っかけをすることにしました。時刻を調べて、羽前山辺駅、羽前長崎と寒河江の駅間、そして、寒河江駅では入場券を買って間近に見ました。SLは、発車するときの音がとにかく大きい。(僕はこの音が好きです)。明治時代、SLが嫌われて、駅が町外れにできたと聞きますが、何となく納得。確かに、毎日、毎時間、あの音が鳴っていたら、落ち着かないと思うのです。
 その後、今回のメイン・イベントの一つ、最上川舟下りへ。上流の村山、碁点の橋の辺りをスタートする最上川三難所舟下りに挑戦しました。ここは三難所といわれるだけあって、かなり浅いところを定員50名の船(といっても十数人しか乗っていませんでした)が通るスリル満点のコース、至る所、岩がゴツゴツしています。乗る前、ものすごく暑かったのですが、舟上はとても涼しくて気持ち良く、風景の解説はもとより、後半、船頭さんが何曲か歌を披露してくださるなど、1時間弱、全く飽きることのない、楽しい舟旅でした。(お馴染みの最上川舟歌は、知っている者、皆で歌いました!)
 昼は、舟乗り場のすぐ近くのあらきそば。かなり混雑していましたが、思ったより早く、30分ぐらいで入ることができました。ここの蕎麦は、山形の太そば系の代表格といった感じ、私は、特に一口目、口の中にそばの味、香りが広がってくるところが大好きです。付け合せの真っ黒のニシン、アツアツの茄子のミソ田楽もすばらしい。
 食後は、寒河江のチェリーランドでアイス(お米や豆腐のアイスなど、色々な種類があります)を食べ、宿へ。この日は山形市内中心部・七日町のNANA BEANS。部屋で一休みした後は、蔵王温泉「新左衛門の湯」→「楓庵」(蔵王)で焼肉(山形牛)、という山形グルメ・温泉のフルコース! 温泉と極上のお肉を楽しみました。
 (最終日)
 朝6時、携帯鳴る…勇人くんは既に5時ごろ起きていて、皆、温泉に行きたいとのお話、早速、市内から車で10分ぐらいの山辺温泉に行きました。休日、朝7時前というのに、意外に人が多く、驚きました。実は、昨日も一昨日も温泉に行ったので、かなり疲れていましたが、入ると…やっぱり気持ちよくて最高。少々熱め、昨日の酸性の強い蔵王とは全く性格の違う温泉を楽しみました。
 朝食後、近所で米沢牛、蕎麦などのお土産を買って、午前の新幹線で東京へ(私以外)。あっという間、嵐のように過ぎ去っていった3日間、お疲れ様でした。
この日の写真日記へ


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(4) 
共通テーマ:日記・雑感

久々に庄内へ/櫛引温泉「ゆ~TOWN」 [温泉に行く]

 久々に庄内へ。どちらも鶴岡市内でしたが、端と端、午前の西郷小は、鶴岡市の北側、田んぼの真ん中。午後の小堅小は、南側、日本海近く、温海町との境辺りにありました。
 すばらしい景色! 小堅小は、海の近くの山の中、バスも入ることのできないところにありました。とてもアットホームな雰囲気、楽しかったです。
 帰り道、櫛引温泉「ゆ~TOWN」に行きました。視界10cmの赤褐色、鉄分の多い暖まりの温泉です。二階にサウナや鉄分を抜いた透明な温泉、などがあり、色々楽しめました。
この日の写真日記へ


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地震に時間差 [つぶやき]

 昼間の地震、震度6の宮城川崎が、家(山形市内)から車で30~40分程度の場所と近かったためか、結構、揺れました(ただ、物が倒れるというようなことはなく、大したことはなかったです)。たまたま地震の前後、実家(東京)と電話していたのですが、
  11:46 山形から東京に電話をかける(不在)
  11:46 山形で地震を感じる~かなりの揺れ
  11:47 山形で揺れがおさまった後に、東京から電話が鳴る(とる)
  11:47 電話中に東京で揺れが始まる
  11:47 東京が揺れている間に、テレビ東北地方で地震とテロップ
  11:47 東京での揺れがおさまる
 山形と東京で時間的にかなりずれていたので、「違う地震かね~、どこが震源かね~、いろんな所で地震があっていやだね、とりあえず切るから…」などとのん気に話していました。実は、地震の伝わる速度より、電話のほうが圧倒的に速いんですね。当たり前のことなのでしょうが、妙に感心。ひょっとしたら、ある場所で地震が起こって、震源地近くで感知した後、瞬時に(自動的に)周辺の様々な地域の電話が鳴るようになっていれば、地震が起こる前に知ることができるかもしれない(もしかして、これって凄いこと?)、ふと頭に浮かびました…


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。